小麦

小麦は約9割が海外からの輸入品で、そのほとんどを政府が輸入して精麦業者に売り渡しています。政府は輸入価格より高い価格で民間業者(精麦業者)に売り渡し、差額分の利益(マークアップ)を国内産小麦産業の保護のために使っています。精麦業者はその小麦を小麦粉などに加工して、飲食店やスーパーに卸しています。小麦の輸入先はアメリカ、カナダ、オーストラリアです。ほぼこちらの3カ国から輸入しています。

1.小麦の国内の需給状況

1975年以降、国内生産量と輸入量の割合はほぼ変化なし

小麦は戦争直後の食糧不足の時にアメリカの支援物資として入ってきたのがきっかけで、その後の輸入が始まりました。戦後、コメの生産量が急回復したのに対し、小麦に関しては輸入量が急増しました。輸入量は1975年にピークに達した後、需要は落ち着きました。一方、それと反比例するかのように国内生産量は終戦前(1926年~1944年)までの平均である113万トンを下回り、戦前よりも低い水準で生産量が安定しました。

食料需要に関する基礎統計及び食料需給表を元に当サイト作成

ポイント

戦争直後の食糧難の時代、麦はアメリカからの救援物資として日本政府が無償で輸入し、その流通を管理していました。そして、食糧不足解消後も1995年のウルグアイ・ラウンドまで、小麦は食糧管理法の元、日本政府しか輸入することができませんでした。ウルグアイ・ラウンド後は関税化が始まり民間業者でも輸入可能となりましたが、高関税のため民間業者による輸入は増えることはなく、実質的には政府主導の輸入が戦後から現在に至るまで継続しています。

2007年に輸入小麦について、標準売渡価格制度(=年間を通じ固定価格で政府が売却)が廃止され、相場連動制が導入されました。この相場連動性は過去の一定期間における政府買付価格の平均値に年間固定の港湾諸経費とマークアップ(売買差額)を加える制度です。マークアップ分は主に国内小麦産業の保護に使われます。この制度変更により年間固定であった輸入小麦の売渡価格が、毎年2回改定されることとなりました。

小麦の国内生産量と輸入量の推移

1988年以降の小麦の国内生産量と輸入量の推移を折れ線グラフで表しました。小麦の国内生産量は元々、低いため輸入に頼ることがほとんどでした。棒グラフは麦の輸入元の国別内訳です。輸入はアメリカ、カナダ、オーストラリアの順に多いです。

貿易統計(財務省)をもとに当サイト作成

2.小麦の世界の需給状況

小麦の主要生産国の生産量及び輸出先

生産量が多い国は中国、インド、ロシア、アメリカ、カナダです。中国は自国生産分のみでは必要量を賄いきれず、他国からも輸入しています。インドは自国消費が中心で輸出量は多くありません。輸出量が多い国は主にロシア、アメリカ、カナダです。ロシアからのエジプト及びトルコ向けの輸出量が大きいことが特徴的です。両国の小麦はロシアからの輸出依存度が高いことが分かります。

世界の小麦輸出量

【出典:生産量 FAOSTAT(2020),輸出量 UN Comtrade Database(2020)】
緑色が生産量、オレンジ色が輸出量。
生産量は300万トン以上、輸出量は200万トン以上の輸出先を記載