大豆

大豆は需要量全体の90%以上が海外からの輸入品を占めます。また、その用途は加工用(搾油)が約7割、豆腐や味噌等の食品用が約3割です。搾油後の大豆は大豆粕として飼料用に利用されています。また、国内生産大豆については、ほぼ全量が食品用です。
海外(主に日本以外)では食肉生産のための配合飼料用途が一般的です。輸入先は主にアメリカですが、ブラジルやカナダからも輸入しています。

1.大豆の国内の需給状況

年度別長期推移

大豆の国内生産量は戦後10~15年間位は食糧不足解消を目的とした増産運動のため戦争直後の20万トンから2~3倍程度に増えました。その後は1961年の輸入自由化よる輸入量増加に伴い国内生産は減っていき、1970年以降は戦争直後と同程度まで生産量は落ち込みました。
なお、自由化後に増加した輸入量は2003年の517万トンをピークに大きく減少し、2010年以降は300万トン台で推移しています。

深刻な食糧不足であった終戦直後は大豆は貴重なタンパク源でしたが、現代の日本人は大豆以外にも肉や魚などでタンパクを摂ることができる他、不足分は輸入品で補うことができます。前述の通り、現在の大豆の国内生産量は数値的には自由化直後と同じくらいですが、大豆以外の品目でも必要なカロリーや栄養を十分に賄えることができるようになっているため食料自給面の観点からは致命的な問題はないと考えられます。

【出典】食料需要に関する基礎統計及び食料需給表を元に作成

年次別輸入量、輸入金額推移

2003年をピークに輸入量は減り始めています。この背景としてアメリカ等の主要生産国でバイオ燃料の原料としてのとうもろこしの需要が高まり、大豆の生産量が相対的に減っていることや中国の需要が2000年頃から急増していることによる単価上昇等が考えられます。

【出典】財務省 貿易統計 概況品コード(20307 大豆)を元に作成

世界全体の大豆輸出量及び中国と日本の大豆輸入量

中国では1996年に大豆の輸入が自由化されてから、輸入量が増え始め、2020年現在、中国が世界全体の輸入量の約6割を輸入しています。中国国内で畜産業が発展し、家畜の飼料(搾油した後の搾り粕)としての需要増加が主要因と考えられています。※

輸入自由化後の中国大豆需給変化とその将来の見通し(農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター)

FAOSTATを元に当サイト作成

2.大豆の世界の需給状況

大豆の主要生産国の生産量及び輸出先

大豆の主要生産国の生産量、輸出量について、まとめました。世界の大豆の生産量のうち、その半分以上をアメリカとブラジルで生産しています。生産された大豆のうち、アメリカで3割相当、ブラジルで5割相当が中国に輸出されており、その用途は主に食用油の原料や家畜の飼料となります。

大豆の主要生産国の生産量及び輸出先

【出典:生産量 FAOSTAT(2020),輸出量 UN Comtrade Database(2020)】
緑色が生産量、オレンジ色が輸出量。
生産量・輸出量ともに200万トン以上の国及び輸出先を記載

中国の需要をアメリカとブラジルで支えている構図がよく分かる。