ナビゲート > Vaccines, Blood & Biologics >Allergenics

Allergenics
アレルギー

生物製剤評価センター(CBER)はアレルギー物質の管理しており、現在、アレルギー パッチテストとアレルゲン抽出物類を用いたテスト方法が採用されています。
アレルギーパッチテストは患者の皮膚の表面に特定アレルギー物質を接触させた時の 接触性皮膚炎誘発の有無によってアレルギーを特定する診断方法です。天然物質や化学 物質が主な誘発物質です。
アレルゲン抽出物類を用いたテスト方法はアレルギーが原因の病気の診断や治療に利用 されています。これらの病気としてアレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性副鼻腔炎、 アレルギー性結膜炎、ハチ毒アレルゲン、食物アレルギーなどが挙げられます。
アレルゲン抽出物類は上記のアレルギ物質より製造される注射製剤です。食物は 診断用のみですが、それ以外は診断用、治療用の両方に使用されていると思われます。