ナビゲート > Food > Science & Guidance & Regulation

Guidance & Regulation

このセクションはFDAの指導と規制及び関連する告示へのリンクを含んでいます。また、 食品安全、製造工程、工業システム、輸出入の情報へもアクセスできます。

トピック毎のガイドライン、規制情報

・ガイドライン
ガイドラインはそのトピックにおけるFDAの現時点での考えを記載した文書であり、 特定の人に権利を与えたり、FDAや一般市民に義務を課すものではありません。 法規制に適合していれば、ガイドライン以外の方法を採っても構いません。
 
・規制情報
こちらはガイドラインとは違い、法に定められた強制力を持つ規制となります。

FDA食品安全強化法(FSMA)

食品の安全を守り、国民の健康を促進するためにFDAの権限を強化する 法律が2011年に可決されました。

食品施設登録

アメリカ国内で消費される全ての食品製造・包装施設は国内品・輸入品ともに FDAに登録しなければなりません。

現行の適正製造規範 cGMP

食品やサプリメントを製造するための方法、知識、施設、制御の詳細が記述されています。
この規範は食品やサプリメントの品質や製造記録通りに包装や表示されていることを保証します。

HACCP

HACCPは生物的、化学的、物理的な危害要因の分析と制御を通して 食品の安全に取り組む仕組みです。これらは原材料の生産、調達、扱い及び 製品の製造、流通、消費を含みます。

小売食品の防衛

アメリカでは3000以上の州、地域、部族の機関が小売り食品や 外食産業の主要な管理責任を負っています。FDAはそれらの規制機関や 産業をアシストできるように食品コード、ガイドライン、トレーニングプログラム、 技術支援などを提供しています。

輸出入

アメリカへの食品の輸入、アメリカからの食品の輸出について記載されています。

行政拘禁

行政が強制力を持つ法律について記述されています。

記録の保持

食品の製造~消費までのプロセス、または輸入時の人による記録について

食糧計画

ミルクと海産物の安全性についてFDAは州や地域の機関と連携して取り組んでいます。

食品防衛プラン2007

FDAは食品の原産地、製造、消費の変化に取り組むため 食品防衛プランを開発しています。本プランは食糧供給システムへの 意図しない汚染または意図的な攻撃から守るためのプランを示しています。