食品別貿易情報 大麦

大麦の主な用途は大麦ご飯などの主食用、ビールや麦焼酎、麦茶、麦味噌などの食品原料用、牛や豚のエサなどの飼料用に分かれます。主食用は国内生産品、食品原料用や飼料用は輸入品で賄っています。大麦の約9割が輸入品で、残りの1割が国産です。国内品と輸入品で用途の住み分けがされているのが特徴です。日本の大麦の輸入先は近年はオーストラリアとカナダの2か国がメインです。

1.大麦の戦後史

【出典】食料需要に関する基礎統計・食料需給表
1942年(戦争中)
(食糧管理法制定) 政府による配給制度
1945年(戦争後)
終戦直後の食糧不足。アメリカから食糧が無償援助品として輸入される。
1949年
食糧不足解消
1951年
日本が主権を回復に伴いアメリカからの無償援助が打ち切りとなる。
1995年
ウルグアイ・ラウンド交渉により関税化

戦争直後の食糧難の時代、麦はアメリカから救援物資として輸入されました。食糧不足解消後も1995年のウルグアイ・ラウンドまでは食糧管理法の元、主食用穀物は国しか輸入することができませんでした。ウルグアイ・ラウンド後は関税化が始まり民間業者でも輸入可能となりましたが高関税のため、実質的に民間業者による輸入は長らく増えませんでしたが、日豪EPAの発効により飼料用としての大麦の輸入量は2015年以降大幅に増えました。

2.大麦の国内生産量と輸出入状況

大麦の国内生産量と輸入量

1988年以降の大麦の国内生産量と輸入量の推移を折れ線グラフで表しました。棒グラフは大麦の輸入元の国別内訳です。主要輸入先はオーストラリア、アメリカ、カナダです。1996年以降はオーストラリアからの輸入が大半を占めています。

【出典】食料需要に関する基礎統計・食料需給表・財務省貿易統計(輸入、概況品コード「大麦及びはだか麦」00905(1988-2018年)

※国内生産量と輸入量全体は大麦のみの値ですが、海外からの輸入量ははだか麦を含みます。ただし、大麦に比べはだか麦は国内生産量及び輸入量の割合が小さいので、数値はほぼ大麦であることが推測できます。

大麦の輸出量推移

日本からの大麦の輸出はほぼありません。

3.世界の大麦の生産状況・貿易状況

大麦の世界(主要国抜粋)における生産量、輸出量、輸入量について、まとめました。

【出典】USDA Foreign Agricultural Service PS&D(2019年)

世界の大麦の生産量は約1.6億トン

大麦の生産量は世界全体で約1.6億トンです。主な生産国はEU、ロシア、カナダ、ウクライナ、オーストラリア、トルコです。これらの合計で約1.2億トンとなり、世界全体の75%近くを占めます。

大麦の貿易率は18%(2019年)

大麦の貿易率(=世界全体の輸出量÷世界全体の生産量)は18%(2019年)、主な輸出国はEU、ロシア、ウクライナ、オーストラリアなどです。

輸入量が一番、多い国はサウジアラビア

輸入量が多い国はサウジアラビアです。次いで中国、日本は5番目です。大麦については中国は国内産で需要を賄うことができておらず、輸入に頼っています。中国も主な輸入先も日本と同じオーストラリアとなります。

4.その他

TPP協定交渉の結果とその影響

国による輸入は継続かつ民間業者が輸入する際の関税も現状維持のため急激な変化は起こりませんが、マークアップ(輸入差益)は9年目までに45%削減することに決まりました。近年のマークアップは売渡価格の約30%程度です。
TPP輸入枠が新設されました。設定当初の年間輸入量は2.5万トンです。 9年目までに6.5万トンとなる予定です。民間による輸入の際にかかる関税(39円/kg)は変わりなしです。ただし、大麦については国内産(主食用)と輸入品(食品原料・飼料用)で用途の住み分けができているため、輸入量の増加が国内産業に影響を及ぼすリスクはほぼないです。