ブロッコリー

ブロッコリーとカリフラワーは両方ともキャベツの仲間です。日本にはどちらも明治時代に輸入品として入ってきましたが、本格的に生産が始まったのは1960年代からで、このころはカリフラワーの方がよく食べられていたようでした。しかし。1980年代に緑黄色野菜ブームが到来するとブロッコリーの方が人気が出始め、現在はブロッコリーの生産、輸入がメインでカリフラワーは下火となっています。

1.ブロッコリーの国内需給状況の推移

栄養価の高いブロッコリーは健康ブームの影響もあり、年々、需要は増加しています。

ブロッコリーの国内生産量と温度帯別輸入量の推移(1995年~2019年)

ブロッコリーは気温が高いと傷みやすいため、元々は冬季シーズン(11月~3月)にかけて収穫されていましたが、鮮度保持技術の向上に伴い、暖かい時期でも離れた消費地への輸送が可能になり、国内生産量の増加しました。それに伴い輸入量は減少しましたが、冷凍品の輸入量がここ10年間で大きく増えました。

野菜生産出荷統計及び財務省貿易統計を元に当サイト作成

2.ブロッコリーの主な貿易相手国及び輸入量推移

国内生産量の増加に伴い輸入量は全体的に減少しています。ただし、エクアドルからの輸入量(冷凍品)だけは増えています。

貿易統計(財務省)をもとに当サイト作成

世界の生産状況・貿易状況

ブロッコリーのみの統計がないため、カリフラワーも含めた生産量と輸出入実績です。生産量の1位中国と2位インドは奇しくも世界人口の1位と2位に同じでした。また、中国,インドで全世界の生産量の70%強を占めます。いずれも自国内の消費が主となります。主な輸出国はスペインとメキシコです。

【出典】生産量:FAOSTAT(2018),輸出入量:UN Comtrade Database(2018)

貿易率は約5%

世界の生産量2650万トンにたいして、輸出量は124万トンでした。生産された量のおよそ4.7%が貿易取引されています。