多くの穀物を輸入に頼っている日本ですが、米だけは自給率100%を保っています。その生産量は年々減っているにも関わらず、それを上回る国内消費量の減少のため、供給過剰と在庫処分の問題を抱え続けています。しかし、それにも関わらず国際約束のもとに毎年一定量の輸入をしているジレンマを抱え続けています。その主な生鮮食品が現状、アメリカとタイになっています。

1.米の国内需給状況の推移

年度別長期推移

日本の米生産は1955年までの戦後回復期と1960年以降の調整期に2つのフェーズに分かれます。戦前戦後の食料不足の時代は国民に食料が平等に行き渡ることを目的とした食糧管理法に基づき、米については生産から流通、消費までを政府が管理していました。しかし、1960年代に入り、逆に米が余り始めると、その本来の目的ではなく、生産者を守るための法律に変化していきました。

食料需要に関する基礎統計及び食料需給表をもとに当サイト作成

ポイント

  • 米の用途は品目用途がほとんどを占めるが、生産者によっては近年、飼料用途や輸出用の生産に取り組んでいる。
  • 加工用途の例は煎餅や団子などの米菓、酒類、味噌など
  • 【ミニマム・アクセス米(1995年~)】多国間貿易交渉により、米については関税化が免除される代わりに国際約束に基づいた最低量を海外から輸入することになった。
  • 【関税化(1999年~)】ミニマム・アクセス米の国際約束には毎年の輸入最低量を一定量ずつ増やしていく内容が盛り込まれていた。日本政府は年々増えていく財政負担に耐えきれず、1999年以降関税化に踏み切ることにより、毎年の輸入量増加については歯止めをかけることができた。
  • 政府備蓄米】不作や災害に備えて、日本政府は備蓄米を生産者から毎年、購入。(常に100万トン程度の備蓄量となるように毎年10~20万トン程度を購入)
  • 減反政策(1969年~2018年)】日本政府が生産量の目標配分を行い、農家に休耕や転作を推奨した政策。政策に参加した生産者には補助金が支払われるなどしたが、2018年に廃止になってからは生産者自ら需要に合った生産をすることが求められるようになった。

2.米の主な貿易相手国及び輸入量推移

1993年と1994年は冷夏による国内収穫量不足分を補うために輸入です。1995年以降に輸入量が年々増えているのはミニマムアクセス米の導入によります。1999年の関税化以降は輸入量の推移が概ね横ばいになりました。

貿易統計(財務省)をもとに当サイト作成

1993年に輸入量が増加したのは記録的な冷夏による国内収穫量の減少による米不足のためです。(その翌年は国内生産量は回復)

3.米の世界の需給状況

世界全体の生産量、輸出量推移

人口の増加に伴い生産量も増えていますが、他の穀物と比較するとその割合が緩やかです。

USDA(アメリカ合衆国農務省)をもとに当サイト作成

世界各国(抜粋)の米の生産量・輸出量・輸入量

米の世界における生産量、輸出量、輸入量について、いずれかの貿易量が相対的に多い国を抜粋しました。
世界の米の生産量は約5億トンです。そのうち、中国 1.4億トンとインド 1.1億トンで合計2.5億トンで約50%を占めます。なお、日本の米の生産量は780万トン(2019年)で、これは世界全体の2%程度です。

米の貿易率は9%(2019年)

米の貿易率(=世界全体の輸出量÷世界全体の生産量)は9%(2019年)、輸出量が多いのはインド、タイ、ベトナムで輸出量全体の60%を占めます。米は他の穀物と比較して、自国内で生産、消費される傾向が高いです。また、アジア圏、特に発展途上国での消費量が多いのが特徴です。

USDA(アメリカ合衆国農務省)をもとに当サイト作成