牛肉

戦後、主要穀物の生産量の回復と並行して、肉の需要も高まりました。最初は国内生産がメインでしたが、1991年に関税化されると輸入量が急激に増加しました。その後、2004年のアメリカの狂牛病発生に伴い減少しましたが、輸入再開後は徐々に輸入量が戻り、2010年には狂牛病発生前の状況と同じくらいの水準まで輸入量が回復しました。

1.牛肉の国内の需給状況

戦後~現在

戦争直後は飼料となる穀物が不足しているため年間2万~3万トン程度の生産量でしたが、食糧不足解消に伴い飼料となる穀物も確保できたため牛肉の生産量は増加しました。輸入量も1964年に外貨割当から数量割当制度への移行をきっかけに増加、1991年の輸入自由化を境に急増しました。その後は国内生産量は減少し、輸入量が増加する傾向が続いています。

食料需要に関する基礎統計及び食料需給表をもとに当サイト作成

牛肉の輸入量、輸入金額及び主な貿易相手国別の輸入量推移

1991年(平成3年)に牛肉輸入枠が撤廃され関税化されて以降、牛肉の輸入量が急増しました。主な貿易相手国はオーストラリアとアメリカです。ただし、2003年にアメリカでBSEの発生が判明した翌年の2004年から2005年にかけてアメリカからの牛肉輸入はほぼゼロになりました。その間はオーストラリア産牛肉にほぼ依存する形になりました。2006年からアメリカ産牛肉の輸入が再開になってから移行は徐々にアメリカ産牛肉の輸入割合が増えていき2018年の段階ではほぼBSE発生以前の状態に戻っています。

貿易統計(財務省)をもとに当サイト作成(概況品コード00301 牛肉)

※食糧需給表と貿易統計の輸入量の誤差について
食糧需給表は全ての加工状態の肉を枝肉換算しているため貿易統計よりも数値が高めに出ています。

2.牛肉の世界の需給状況

牛肉の主要生産国の生産量、輸出量について、まとめました。

牛肉の主要生産国の生産量及び輸出先

生産量はFAOSTAT(2020)、輸出量はUN Comtrade International Trade Statistics Database(2020)のデータを元に当サイト編集
緑色:生産量、オレンジ色:輸出量。
生産量は50万トン以上の国、輸出量は10万トン以上の輸出先を記載

生産量が多く輸出もするアメリカやブラジル、生産量が多いがさらに輸入もする中国

世界全体の牛肉生産量は約6000万トンです。そのうちの約40%をアメリカ、ブラジル、中国の3カ国で占めます。アメリカは輸出量と輸入量が同程度、ブラジルは国内生産の余剰分を専ら輸出、中国は自国生産分では国内需要を賄いきれず、他国からも輸入している点が特徴です。

輸出量が多いのはオーストラリアとブラジル

輸出量が多いのはオーストラリアとブラジル、次いでアメリカです。オーストラリアは生産量の半分近くを輸出しています。なお、ブラジルから日本への牛肉の輸入は加熱処理をしたもの以外は一切認められていません。ちなみに輸出量が生産量の半分近くを占める国は南米ではウルグアイ、ヨーロッパではポーランド,オセアニアではニュージーランドとなります。これらの国の牛肉もわずかながら日本へ輸出されています。

輸入量が多いのは中国、アメリカ、そして日本

牛肉は中国の輸入が圧倒的に多く(212万トン)、2位のアメリカ(107万トン)の約2倍程度です。日本はそれらの国に続き、世界3位の輸入量(60万トン)となります。