大麦及び裸麦

大麦や裸麦の主な用途は大麦ご飯などの主食用、ビールや麦焼酎、麦茶、麦味噌などの原料用、牛や豚のエサなどの飼料用に分かれます。それぞれ用途の半分を占める食品原料用や飼料用は輸入品で賄っており、用途割合が少ない主食用は国内生産品で賄っています。主要生産国は主にオーストラリアとカナダです。

1.大麦及び裸麦の国内の需給状況

高度経済成長期前後の変化

大麦及び裸麦は戦争直後は米や小麦に並ぶ主食の位置付けでしたが、米の生産量回復や小麦の消費量増加に伴い主食ではなくなりました。現在では専ら麦茶やビールなど加工品の原料用途や飼料用途で消費されています。

食料需要に関する基礎統計及び食料需給表を元に当サイト作成

小麦の国内生産量と輸入量の推移

1988年以降の大麦及び裸麦の国内生産量と輸入量の推移を折れ線グラフで表しました。棒グラフは大麦の輸入元の国別内訳です。主な輸入先はオーストラリア、アメリカ、カナダです。1996年以降はオーストラリアからの輸入が大半を占めています。

食料需給表及び貿易統計(財務省)をもとに当サイト作成

2.大麦の世界の需給状況

生産量が多い国はロシア、次いでカナダです。ロシアからサウジアラビア向けの輸出量が最大ですが、全体では中国向けの輸出が多いです。

世界の小麦輸出量

【出典:生産量 FAOSTAT(2020),輸出量 UN Comtrade Database(2020)】
緑色が生産量、オレンジ色が輸出量。
生産量は100万トン以上の国を掲載、輸出量は100万トン以上の輸出先を掲載